griffin avenue’s blog

Boys be ambitious! Girls be unbalance? (^-^) 鳴かぬなら踊って見せよ。ホトトギス!

虫取撫子(むしとりなでしこ)、、、

虫取撫子(むしとりなでしこ)、、、

別名に蠅取撫子(はえとりなでしこ)などがあります。。

全国的に見れば「虫取撫子」の呼び名が圧倒的メジャーだと思います。。

我が家では、てゆうか、この辺りでは「蠅取撫子」と呼ぶ方が多いです。。

おそらく土着的名称ですかね。。

花は綺麗ですがバリバリの雑草でして、花につながる茎の根本辺りに納豆のようなネバネバ感があることから、そう呼ばれてるみたいです。。

食虫植物を思わせる程の強力なネバネバではなく、言われて見れば?、そんな気もする、てなレベルです。。

パッと見ですがシバザクラみたいな花をしてまして、綺麗なんで刈り取らずにいます。。

そしたら大繁殖してくれちゃいまして、今年もある程度 見終わったら?、即、ランドアップをぶっ掛ける予定です。。(=^_^=)

ふぅ~暑いぃ〜〜(+_+。)

今日は暑かったぁ、、、

最高で、27、28℃くらいまでは行ってるような?、、兎に角メチァ暑い。。

んで、気が付けば、今年2回目となる「ガリガリ君」を食べていたという次第、、、

ふぅ〜アチィ〜〜(+_+。)

そんな訳で、夏の悪魔「蚊」まで出て来やがった。。(>_<)

お陰で今日は いきなり2箇所も食われてしまった。。(ノε`)

昔から何故か「蚊🦟」に食われ易いタチらしく、私の車やポーチにはどれも「ムヒ」を装備している、、、

知人は「炭酸水を呑むから蚊が寄って来る」というが、因果関係は分からない。。(ーー;)

写真は今年の青梅、他にも何本かあるから今年も何とかギリで梅酒は作れそうだ。。

blogを書いてるこの時間、既に午後の6時半を回ってるというのに、外はまだまだ明るい。いよいよ夏本番ってところかな?、、ヾ(*´∀`*)ノ

飯田の元善光寺をご開帳で訪れた。。

こちらは先日訪れた飯田の「元善光寺」です。。
善光寺さまのご開帳で足を運びました。。

元善光寺善光寺ネットワークに属する一箇寺であり、そもそも信濃善光寺に祀られてる現在の前立三尊像は、元々は当寺に祀られてたものです。。

元善光寺の由緒に拠ると、今を遡る1400年前、時は推古天皇の時代、訳あって難波の地に捨てられていた阿弥陀さまを当地の住人「本多善光」氏が発見し持ち帰ったことが始まりとされてます。。

その後は時の権力者に翻弄され、紆余曲折の末、阿弥陀如来さまは現在の地「信濃」に落ち着かれました。。

そんな訳で、「善光寺」という名は発見者「本多善光」に由来するとされます。。

それ故、元善光寺では、信濃善光寺をお参りするだけでは「片参り」だとしてます。。

「片参り」と言い切る自信も凄いと思いますが、それは兎も角も、難波から持ち帰ってくださった本多善光氏に敬意を表し、私も謹んでお参りさせて頂きました。。

今回のご開帳で感ずることは、元善光寺信濃善光寺」同様、前回のご開帳に比べて、人出が大幅に少なかったという事です。。

特設の駐車場はどこも全て満杯状態にありましたが、今も続くコロナ禍の中、観光バスが殆どなかったので、トータルでの動員力が足りないのだと思いました。。

とまぁそんな訳でありましたが、今回も無事お参りが出来て本当に良かったです。。(=^_^=)

忍び寄る「サル痘」の脅威、、、

天然痘に似た症状が出る「サル痘」の感染が欧米を中心に広がる中、WHO=世界保健機関20日、少なくとも11か国に感染が拡大していることを明らかにしました。

「サル痘」は、主にアフリカでみられる感染症で、発疹や悪寒のほか重症化すれば天然痘のような症状が出ます。致死率は1%から10%程度とされています。

サル痘は今月7日にイギリスで確認されたのちヨーロッパ各国やアメリカで相次いで感染が報告されています。

WHOによりますと、ポルトガルやスペイン、オーストラリアなど少なくとも11か国で、感染が確認されているということです。【5/21(土) 06:46 日テレNEWS】


ネットより、

うぅ~む~ これヤバいんとちゃう?、、、

かって、強い感染力と致死率で悪魔の病気と恐れられた「天然痘」、、、

天然痘」も酷くなると、同じように身体にボツボツが出る。。

今のところ、感染力の点でも、致死率の点でも?「サル痘」の方が低いようだが、、、

まだ、詳細については分かってないようであり、仮に病気が治っても?、このボツボツは残りそう!!、、、(ーー;)

名前は思い出せないが、確か、遺伝子異常でもこういう症状が出る病気がある。。

訳あって、昔、一度だけ拝見したことがあったが、それはそれは気の毒なくらいだった。。

肉腫なのか?全身ボツボツだらけで、隙間なく覆われていた。。

本人はもう 憔悴仕切っちゃって、人生終わったと絶望してた。。(ノε`)

当時はまだ有効な治療法が無かったんじゃなかったかな?、、、確か、、、

幸いうつる病気では無いらしく、その点は安全だったが、少なくとも家族がお世話出来る病気ではないのは誰の目にも明らか、、、

ましてや今回の「サル痘」は、「天然痘」と類似した病気とされ、、、

ガチにうつる「伝染病」であり、重症化すれば?死にも至るという。。

油断して掛かると?コロナ以上の悪魔を呼び込む事にならないとも言えず、、、

WHOが警戒するのも無理はない。。

日本もそろそろ「CDC」を真剣に考えるべき時じゃなかろうか、、、

素人目に見ても、この病気、警戒してし過ぎることはないと思う。。

コロナの経験から、日本に取っての頼みの綱は、やはり「水際対策」、、、

まずはこれに尽きる。。

ここを軽々と突破されたら?後はなし崩し的になり大変なことになる。。

コロナで学んだ経験をキッチリと活かし、日本を守り抜いて頂きたい。。

岸田総理におかれては、くれぐれも油断召されぬよう、己の褌を二段階、三段階 キツク閉め直して頂きたい。。(ーー;)

ザクロ、、、

今日は晴れましたが、このところ、ずっと天気悪いです。。

雨もかなり降ってます。夜中に降ることも多く、大概 大雨になります。。

「梅雨入りか?」と思いきや「梅雨入り」ではなく「梅雨の先走り」だそうです。。

俗に言うところの「我慢汁」みたいなモンですね。。

気温も「夏日」が続いたかと思えば?「梅雨寒む」みたいに冷え込んだり、、、

毎年のこととはいえ、この時期の体調管理は大変です。。

当節は夏風邪とコロナの見分けが付きにくい時期でもあり、発熱外来も大変でしょうね。。

さて 写真ですが、こちらは「ザクロ」です。ザクロといっても「花ザクロ」の方でして、主に鑑賞用のものです。。

我が家に一本だけあります。今年も咲いてくれました。。

小さいながらも一応 実も付けまして、ザクロの特徴である実もパックリ割れます。。

家の者は誰も食べませんがね。。(^^ゞ

とまぁそんな訳で御座いまして、いよいよ来週は6月に突入ということで、アジサイも少しずつながら色づいて来ましたし、今年の「梅雨入り」も近いでしょうね。。٩(^‿^)۶

庚申バラ、、、

庚申薔薇とも書き、バラの一種らしいです。。

今年も咲きました。。

薔薇というだけあって、枝には鋭く尖ったトゲが沢山生えてます。

平安時代に中国から渡来した種とされ、ネットを読むと四季咲きするとありましたが、、、

地域地域の気候にも依るのか我が家の庚申バラは四季咲きはしてないです。。

かれこれもう10年以上ここで咲いてますが、然程、手入れという手入れはしてないです。。

伸び過ぎると多少剪定くらいはしますが、適度な陽当りと水はけが良ければ?ほぼほぼOKです。。

寒さにも滅法強く、冬場、突然の降雪に覆われても平チャラ、枯れることはありません。結構タフです。。

花言葉は「幸福」とありました。。😅

娘を守ったお父さん、、(^_-)-☆

電車内で女子高校生の下半身を触ったとして、神奈川県警は18日、川崎市中原区上小田中3丁目の会社員、永縄淳一容疑者(46)を強制わいせつ容疑で逮捕し、発表した。

容疑を認めているという。

被害にあった後、女子高校生の父親が電車に同乗したことが容疑者逮捕につながった。

多摩署によると、永縄容疑者は9日午前8時ごろから約10分間、JR南武線の車内で女子高校生の下半身を触った疑いがある。

女子高校生はその日のうちに家族に被害を相談。電車の乗り場を変えたり、時間をずらしたりする対応を話し合ったという。11日には娘を守るために父親が朝の通学時に電車に同乗したという。

父親は乗車中、近くにいた娘からスマートフォンのチャットで「いたよ」と連絡を受け、永縄容疑者とみられる人物を確認した。その日は女子高校生へのわいせつ行為はなかったが、その後、同署に9日の被害を申告し、今回の逮捕につながったという。【5/19(木) 18:24 朝日新聞デジタル


ネットより、

立派なお父さんだ。かっけぇ~~ (;’∀’)

少し前、「愛はあるか?」というコマーシャルがあったが、、、

このお父さんに伝えてあげたい。。

「あなたには愛があります」

良い娘さんに、良いお父さん、、、

この家の親子関係は羨ましいほどに良好だ、素敵な家庭内が目に浮かぶ!!、、、

うちの娘だと、どうかな?、私に痴漢を打ち明けてくれるだろうか?、、、

気になるなぁ~ (ーー;)