griffin avenue’s blog

Boys be ambitious! Girls be unbalance? (^-^) 鳴かぬなら踊って見せよ。ホトトギス!

光市の母子殺害事件で死刑判決が確定した事件の再審請求を求める安田弁護士。。

山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪や 強姦 ( ごうかん ) 致死罪などで3月に死刑が確定した元会社員大月(旧姓・福田)孝行死刑囚(31)は29日、広島高裁に再審請求した。
大月死刑囚の弁護団は再審開始に必要な新証拠として、公判で採用されなかった精神鑑定書などを提出。これについて弁護団は「評価が確定しておらず、新証拠と考えるべきだ」としている。
広島市内で記者会見した安田好弘弁護士は「(大月)死刑囚に殺意はなく、傷害致死罪が成立する。強姦目的については、物事を十分判断できない状態だったため無罪だ」と主張した。
確定判決によると、大月死刑囚は18歳だった1999年4月、光市の会社員本村洋さん(36)方に侵入。妻弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、首を絞めて殺害、長女 夕夏 ( ゆうか ) ちゃん(同11か月)も絞殺した。
(2012年10月29日12時01分  読売新聞)

安田弁護士という方の論調を聞いていると、何があっても白を黒にする、という大前提が感じられ、身震いするほど寒々しく感じられた。。

遺族でなくても「許せない」想いが募るこの事件。。

長い裁判に疲労の色をにじませる木村さん・・・その心労を思うと安田弁護士による理不尽なやり方に激しい怒りを感じたところ。。

こういう人がいるから、この国にモラルハザードが無くならないのだろう・・・などと、としみじみ感じられた次第。。

今、捜査渦中にいる別件の角田被告と犯行に加わった関係者も、安田弁護士の持論で言えば・・・・例え、何人殺していようが・・・・どれほと非道な振る舞いをしてようが、・・・・

「一切、死刑はさせず」・・・・という考えなんだろうなぁ・・・・などと思ったら・・・・

無性に・・・・「やるせなさ」・・・・を感じてしまった私である。。。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/cat_3.gif